峠の居織

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本100名城クイズ・金沢城

<<   作成日時 : 2017/08/11 12:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

金沢城(かなざわじょう)は、石川県金沢市丸の内にあった日本の城である。江戸時代には加賀藩主前田氏の居城だった。城址は国の史跡に指定されている。
金沢平野のほぼ中央を流れる犀川と浅野川とに挟まれた小立野台地の先端に築かれた、戦国時代から江戸時代にかけての梯郭式の平山城である(かつて「尾山」と呼ばれたのもこの地形に因む)。櫓や門に見られる、白漆喰の壁にせん瓦を施した海鼠(なまこ)壁と屋根に白い鉛瓦が葺かれた外観、櫓1重目や塀に付けられた唐破風や入母屋破風の出窓は、金沢城の建築の特徴である。



1 金沢城に付属してつくられた大名庭園・兼六園(けんろくえん)の名前の命名者は?

ア 林羅山
イ 新井白石
ウ 松平定信

答えは下にスクロール。






1000ピース ジグソーパズル 兼六園 (50x75cm)
毛塚合紙所

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 1000ピース ジグソーパズル 兼六園 (50x75cm) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル







1 ウ(兼六園の名前は1822年(文政5年)、前田斉広の依頼に応じて白河藩主だった松平定信(白河落翁)が命名した。定信は宋の詩人・李格非の『洛陽名園記』の中で中国洛陽の名園・湖園を「宏大・幽邃・人力・蒼古・水泉・眺望の六つを兼ね備える名園」と謳った文をもとに命名した。
とくに、小立野台地の先端部に位置していることから、園内に自然の高低差がある。これによって、園路を登りつめていく際の幽邃な雰囲気と、高台にある霞ヶ池周辺の宏大さ、眼下の城下町の眺望を両立させている。
定信が揮毫した扁額は現在、石川県立伝統産業工芸館に展示されている。)




最古の滑空哺乳類、中国で化石発見 ジュラ紀に恐竜と共存

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本100名城クイズ・金沢城 峠の居織/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる