峠の居織

アクセスカウンタ

zoom RSS 一級水系クイズ・高梁川

<<   作成日時 : 2017/01/11 00:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

高梁川(たかはしがわ)は、岡山県西部を流れる一級河川で、高梁川水系の本流である。吉井川、旭川とともに岡山三大河川の一つ。岡山県下で最大の流域面積を誇り、その支流域は広島県にも及ぶ。
鳥取県境の明地峠(標高 755 m )に近い花見山(標高 1,188 m )の東麓(新見市)を源流とし、吉備高原の間を貫流して瀬戸内海水島灘(倉敷市)に注ぐ。
上流部は主に石灰岩質のカルスト台地である阿哲台を貫通し、河川の浸食によって生成された鍾乳洞や渓谷に富む。また、植物分布も日本ではこの地域特有のものも多い。


1 源流の新見市(にいみし)の国の天然記念物は?

ア 応天門(おうてんもん)
イ 朱雀門(すざくもん)
ウ 羅生門(らしょうもん)

答えは以下反転。
1 ウ(羅生門(らしょうもん)は、岡山県新見市草間にある、陥没ドリーネ群中の巨大な天然橋と鍾乳洞である。
多数の鍾乳洞やドリーネの点在するカルスト地形の広がる、阿哲台と呼ばれる標高約400メートルのカルスト台地上に位置しており、1930年(昭和5年)8月25日に国の天然記念物に指定され、2007年には、日本の地質百選にも選定された。
鍾乳洞の天井が陥没し、残った部分が天然橋になったもので、第一門から第四門まである。第一門付近では岩石崩落の危険もあるので注意が必要。
第一門は高さ38m、幅17mのアーチ状の天然橋で、他とは独立しており、上部を通行できる。第二門と第三門は一体に連結していて、洞口を三つ有する一つのカルストトンネルとも言える。第四門は吸い込み穴型の長大な鍾乳洞で、約300m奥の最奥部は地底湖になっている。
第二門から第四門までが一体に連結している一つのカルストトンネルで、第四門の奥に吸い込み穴の羅生門第一洞があるとした記述もある。)






月の起源、「巨大衝突」ではなかった? 定説覆す論文発表

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
一級水系クイズ・高梁川 峠の居織/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる