峠の居織

アクセスカウンタ

zoom RSS 一級水系クイズ・名取川

<<   作成日時 : 2016/09/15 05:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

名取川(なとりがわ)は、宮城県仙台市および名取市を流れ、太平洋に注ぐ一級河川。名取川水系の本流である。歌枕として知られ、埋れ木(仙台亜炭)と共に詠われてきた。



1 流域の秋保温泉(あきうおんせん)が歴史に登場するのは?

ア 飛鳥時代
イ 奈良時代
ウ 平安時代 

答えは以下反転。
1 ア(開湯時期は不明だが、古墳時代にはすでに存在したとする説も存在する。秋保温泉が歴史に登場するのは、第29代欽明天皇の代である。在位中(531年〜539年)に小瘡(皮膚病)に感染し、八方手を尽くして治療を行ったものの一向に治らなかったが、秋保温泉の効能を聞いてその湯を都に搬送させ、沐浴したところ数日で全快したとされ、天皇はその喜びを歌に詠んだ。その由来を刻んだ碑が温泉街の一隅に建てられている。
“覚束な雲の上まで見てしかな鳥のみゆけば跡はかもなし”(な鳥のみゆ=名取の御湯)
以後、秋保温泉は皇室の御料温泉の1つとして位置づけられ「御湯」の称号を賜り、別所温泉(信濃御湯)、野沢温泉(犬養御湯)(あるいはいわき湯本温泉(三函御湯))と共に「日本三御湯」と称せられるようになった。「名取の御湯」は、「拾遺集」「大和物語」などにも歌われている。)



千年飛沫 仙台・秋保大滝伝承
文芸社
高野 眞五人

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 千年飛沫 仙台・秋保大滝伝承 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



<名探偵コナン>新たな“始まりのエピソード“誕生 完全新作テレビアニメ今冬放送 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
一級水系クイズ・名取川 峠の居織/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる