峠の居織

アクセスカウンタ

zoom RSS ヨーロッパクイズ・セルビア共和国

<<   作成日時 : 2012/09/11 21:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

1 セルビアの世界遺産「ロムリアーナ」に埋葬されているのは?

ア ギリシャの神
イ ペルシア国王
ウ ローマ皇帝
エ ローマ法王

2 セルビアの国歌は?

ア 勝利の神
イ 自由の神
ウ 平等の神
エ 正義の神

3 セルビア料理「スラトコ」とは?

ア バター
イ チーズ
ウ ジャム
エ ソース

答えは以下反転。
1 ウ(ガムジグラード(Гамзиград, Gamzigrad)はセルビアのザイェチャル市にある村で、2002年の人口は945人である。
ガムジグラードの近くには、古代ローマ皇帝ガレリウスが生まれた場所であり、死後埋葬された場所でもある城塞、ロムリアーナ(フェリクス・ロムリアーナ)の遺跡が残っている。この遺跡は、2007年にユネスコの世界遺産に登録された。
ロムリアーナの城砦群は、今日では西門と主要な城壁が残っている。考古学者たちは、ここで、宝石、武器、貨幣といった古代ローマ時代に遡る多くの遺物を発見している。特に貨幣は年代を判断する助けになるものである。
廃墟にも興味深いものは至る所にある。バシリカ跡、寺院跡、共同浴場跡などである。ガレリウスによって建てられた宮殿は、美しい柱やモザイク画が残っている。それらのモザイク画のひとつはアドニスを描いたものであり、他には狩猟の場面を描いたものもある。材質には大理石や斑岩が用いられており、在りし日の宮城としての栄華を偲ばせる。
宮殿のそばにあるマグラの丘の上には、ガレリウス帝とその母ロムラの2つの墓と塚を含む記念碑がある)
2 エ(正義の神(せいぎのかみ、セルビア語: Боже правде / Bože pravde)はセルビアの国歌。1872年にダヴォリン・イェンコ (Davorin Jenko) が作曲、ヨヴァン・ジョルジェヴィチ (Јован Ђорђевић / Jovan Đorđević) が作詞した。
もとはセルビア王国の国歌であり、元の歌詞ではセルビア王を称えたものであった。セルビアは現行の政治体制に合わせて「セルビアの王」から「セルビアの地」へ、「神はセルビアの王を救う」から「神は救い、神は護る」へと若干の修正をした)
3 ウ(スラトコ(ブルガリア語:Сладко、セルビア語:Слатко)は、セルビアやブルガリアのジャム状の食品。ヨーロッパのユダヤ教徒の料理でもある。名称はブルガリア語やセルビア語で「甘い」という意味の語に由来する。スラトコを作る際、まず水と砂糖を火にかけてシロップを作り、そこに果実を入れる点が西ヨーロッパのジャムの製法と異なるが、ブルガリアのスラトコはこの限りではない。シロップを先に作るジャム作りの製法は、ギリシャやルーマニアにも見られる。伝統的に、スラトコは小さなガラス製の皿に盛り、小さなさじとコップに入れた水と一緒にテーブルに置いて供する。
スラトコには、伝統的な西ヨーロッパのジャムには通常入らない様々な材料が使われることがある。たとえば、東方ユダヤ人の料理法として、蜂蜜で煮たハツカダイコンが用いられることがある。また、ニンジンやテーブルビートが用いられることもある)






インターネットラジオ「良子と佳奈のアマガミ カミングスウィート!」、あと1回で…

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヨーロッパクイズ・セルビア共和国 峠の居織/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる