日本100名城クイズ・熊本城

熊本城(くまもとじょう)は、現在の熊本県熊本市中央区に築かれた安土桃山時代から江戸時代の日本の城。加藤清正が中世城郭を取り込み改築した平山城で、加藤氏改易後の江戸時代の大半は熊本藩細川家の居城。明治の西南戦争の戦場となった。西南戦争の直前に大小天守や御殿など本丸の建築群が焼失し、現在の天守は1960年の再建である。宇土櫓などの現存する櫓・城門・塀13棟は国の重要文化財に指定されている。また、城跡は「熊本城跡」として国の特別史跡に指定されている。
天守閣内部には熊本市立熊本博物館の分館としての展示があり、公式には熊本城の再建天守閣内部は「熊本市立熊本博物館分館」となっている。
2016年4月の熊本地震の際に、現存石垣をはじめ宇土櫓などの文化財建造物、大小天守などの復元・復興建築が被災した。









1 熊本城の別名は?

ア 木通城(あけびじょう)
イ 銀杏城(ぎんなんじょう)
ウ 紫陽花城(あじさいじょう)

答えは下にスクロール。











VANCE VG001 1/144スケール 熊本城
GSI クレオス(GSI Creos)
2010-04-01

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by VANCE VG001 1/144スケール 熊本城 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル









1 イ(「銀杏城」という名の由来になっているのは、城内に植えられた銀杏(いちょう)の木である。これは、篭城戦になった時の食料確保のため、築城時に加藤清正がこの銀杏を植えたという。朝鮮出兵での蔚山城籠城戦で食料不足に苦しんだ経験を生かしているといわれているが、この銀杏の大木は雄木なので実はならず、城内を知らない者が後世創った俗説と考えられる。また、清正は「この銀杏の木が天守と同じ高さになった時にこの城で兵乱が起こるだろう。」とつぶやいたという言い伝えがある。明治時代、清正が植えた銀杏の木は天守とほぼ同じ高さになっていたが、明治10年に西南戦争が起こり、熊本の城下が戦場となった。
また、同様に篭城時の食料の確保に関して、清正は城内の建物の土壁に干瓢(かんぴょう)を塗篭め、畳床には食用になる里芋茎を用いて備えたという。)



【熊本城 いちょうパイ・6枚・個包装】銀杏パイ・熊本土産・銘菓・モンドセレクション・金賞・箱菓子・菓子・熊本・土産・お土産・いちょう・銀杏
阿蘇の玄関キムチの里
内容量 6枚 世界に認められた熊本土産です 10枚入(1,000円)はこちら 名  称 菓子 保存方

楽天市場 by 【熊本城 いちょうパイ・6枚・個包装】銀杏パイ・熊本土産・銘菓・モンドセレクション・金賞・箱菓子・菓子・熊本・土産・お土産・いちょう・銀杏 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

"日本100名城クイズ・熊本城" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント