日本100名城クイズ・名護屋城

名護屋城(なごやじょう)は、肥前国松浦郡名護屋(現在の佐賀県唐津市(旧東松浦郡鎮西町・呼子町)、東松浦郡玄海町)にあった日本の城。豊臣秀吉の文禄・慶長の役に際し築かれた。国の特別史跡に指定されている。
名護屋城は波戸岬の丘陵(標高約90メートルほど)を中心に170,000平方メートルにわたり築かれた平山城の陣城である。五重天守や御殿が建てられ、周囲約3キロメートル内に120ヵ所ほどの陣屋がおかれた。 城の周囲には城下町が築かれ、最盛期には人口10万人を超えるほど繁栄した。







1 名護屋城の大手門を与えられたと伝わるのは?

ア 伊達政宗
イ 加藤清正
ウ 藤堂高虎

答えは下にスクロール。











名護屋城跡―文禄・慶長の役の軍事拠点 (日本の遺跡)
同成社
高瀬 哲郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 名護屋城跡―文禄・慶長の役の軍事拠点 (日本の遺跡) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル









1 ア(仙台城の大手門は楼門型式の櫓門で、桐や菊紋をかたどった飾り金具などが施されていた。名護屋城の大手門を移築したものと伝えられているが、実際は名護屋城大手門を模したという意味の「写した」を「移した」と勘違いしたものではないかともいわれている。 1931年(昭和6年)に脇櫓と共に国宝に指定されたが、仙台空襲の際焼失。)

"日本100名城クイズ・名護屋城" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント