世界の大河クイズ・シャットゥルアラブ川

シャットゥルアラブ川(アラビア語: شط العرب‎[1]、Shatt al-Arab)またはアルヴァンド川(ペルシア語: اروندرود‎、Arvand)は、チグリス川とユーフラテス川の合流によって形成され、イランとイラクの国境地帯を流れながらペルシャ湾に注ぐ川。長さは200km。イラク領のバスラ、イラン領のホラムシャハル、アーバーダーンなどの港湾都市が川沿いに連なり、両国の重要な航路となっている。



1 シャットゥルアラブ川の名まえの意味は?

ア アラブの海岸
イ アラブの大河
ウ アラブの大樹

答えは下にスクロール。
バスラの図書館員 イラクで本当にあった話 [ ジャネット・ウィンター ] - 楽天ブックス
バスラの図書館員 イラクで本当にあった話 [ ジャネット・ウィンター ] - 楽天ブックス








1 ア(イラク側の呼び名であるシャットゥルアラブ川(Shatt al-Arab、アラビア語:شط العرب)とは「アラブの海岸」を指す。またイラン側の呼び名であるアルヴァンド(Arvand、ペルシャ語:اروندرود)は中世イランの様々な文学作品や民族叙事詩『シャー・ナーメ』ではチグリス川を指す名前として登場したが、20世紀に入りパフラヴィー朝後期にはシャットゥルアラブ川を指す名として使われはじめ、イラン革命後もアルヴァンドの名で呼ばれている。)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント