日本100名城クイズ・大分府内城

府内城(ふないじょう)は、豊後国府内(現在の大分県大分市)にあった日本の城である。大分城(おおいたじょう)、荷揚城(にあげじょう)、白雉城(はくちじょう)とも呼ばれる。
府内城は、大分市街の中心に位置する梯郭式平城である。安土桃山時代後期、府内に12万石で入封した福原直高が府内の荷落に築城を始めたが、福原氏は改易され、早川長政の府内領再封を経て、関ヶ原の戦いの後に3万5千石で入封した竹中重利が完成させた。





1 府内城の別名「荷揚城(にあげじょう)」の由来は?

ア 縁起かつぎ
イ 日田街道の終着点
ウ ニアーゲ神父

答えは下にスクロール。

【送料無料】大分県の郷土料理 ご飯のお供「関ぶりのりゅうきゅうセット (80g×3袋)」ブリ / お取り寄せ 通販 お土産 お祝い お歳暮 御歳暮 プレゼント ギフト / - わが街とくさん店
【送料無料】大分県の郷土料理 ご飯のお供「関ぶりのりゅうきゅうセット (80g×3袋)」ブリ / お取り寄せ 通販 お土産 お祝い お歳暮 御歳暮 プレゼント ギフト / - わが街とくさん店






1 ア(1597年(慶長2年) 12万石を得て臼杵より転封した、豊臣秀吉家臣の福原直高は、堅固な城郭を求めて大分川河口付近に築城を開始する。当時の海岸線は現在より内陸に入り込んでおり、この地では大友氏の時代に船の荷役が行われていた場所で「荷落」と呼ばれていたが、縁起を担ぎ地名を「荷揚」に改め、名を荷揚城としたという。)





今日は布団の整理

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント