2019年10月9日(水)のクイズ

1 ノーベル化学賞の受賞が決まった吉野彰氏(71)が化学に興味を持つきっかけとなった本は?

ア ロウソクの科学
イ 種の起源
ウ プリンキピア

答えは下にスクロール。
電池式スマートフォン充電器_MAV-LR03-W 01-7089 オーム電機 - e-プライス
電池式スマートフォン充電器_MAV-LR03-W 01-7089 オーム電機 - e-プライス








1 ア(吉野彰さん(71)が育ったのは大阪府吹田市。今は万博記念公園や宅地が整備されているが、戦後ほどない幼少期は、竹やぶだらけだった。よくトンボをとって遊んだという。化学に興味を持ったのは、小学生の時だった。
 4年生のとき新任の女性の先生が担任になった。学生時代に化学を専攻していたという先生が1冊の本を薦めてくれた。英国の科学者ファラデーの「ロウソクの科学」だった。
 「ロウソクはなぜ燃えるのか、炎はなぜ黄色いのかといった内容で、子ども心に化学はおもしろそうだなと思った」。9日の会見で、吉野さんは語った。
 「好きこそものの上手なれ、ではないが、子どもが関心を持つとどんどん得意になるんです」。身の回りの素材で「実験」に熱が入った。トイレの洗浄用に置いてある塩酸を、近くで拾った鉄の塊にかけてはボコボコと出る泡を見て、面白がったという。)



偉業を成す人がいる一方で、私は日々を凡として生きている。でも、それでいいと思っている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント