日本100名城クイズ・島原城

島原城(しまばらじょう)は、長崎県島原市城内にあった日本の城。別名は「森岳城」や「高来城」。城跡は長崎県指定史跡に指定されている。
有明海に臨み、雲仙岳の麓に位置する。城郭の形式はほぼ長方形の連郭式平城で、高く頑丈な石垣が特徴である。本丸は周りを水堀で囲まれており、二の丸と廊下橋形式の木橋一本で繋がれている。橋を壊せば本丸を独立させることが出来るが、逆に袋の鼠状態になり、しかも廊下橋は、防備上矢玉が当たりにくくなるので、縄張りの欠陥とも言える。同じ事例に、高松城の天守郭(本丸)がある。また、天守は破風を持たない独立式層塔型5重5階(初重の屋根を庇として4重5階とも)で最上階の廻縁高欄を後に戸板で囲ったため「唐造り」のようになっていた。








1 島原城築城の結果起きたのは?

ア 洪水
イ 豊作
ウ 重税

答えは下にスクロール。











日本の城 28号 (島原城) [分冊百科]
デアゴスティーニ・ジャパン
2013-07-23

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本の城 28号 (島原城) [分冊百科] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル










1 ウ(江戸時代初期の1618年(元和4年)から7年の歳月をかけ松倉重政が島原城を築城したが、石高の規模の見合わない大城であったため松倉家の財政は破綻し、松倉家はこれを補うため日本史上で類例がない九公一民の重税をかけ、その減免を訴えた農民を一揆勢であると偽称して次々と拷問にかけ殺した。さらにはキリシタン弾圧などの悪政を続け、1637年(寛永14年)に島原の乱が起こる。これにより旧来の住民はほとんど全滅し、代わって藩を統治した高力忠房の移住政策により復興していくことになる。)



名城をゆく 第31号 9月7日発売 島原城・原城(長崎)

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 名城をゆく 第31号 9月7日発売 島原城・原城(長崎) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル