日本100名城クイズ・吉野ヶ里遺跡

吉野ヶ里遺跡(よしのがりいせき)は、佐賀県神埼郡吉野ヶ里町と神埼市にまたがる吉野ヶ里丘陵にある遺跡。国の特別史跡に指定されている。
およそ50ヘクタールにわたって残る弥生時代の大規模な環濠集落(環壕集落)跡で知られる。1986年(昭和61年)からの発掘調査によって発見された。現在は国営吉野ヶ里歴史公園として一部を国が管理する公園となっている。








1 吉野ヶ里遺跡の最大の特徴は?

ア 集落の祭祀に関連した遺構
イ 集落の交易に関連した遺構
ウ 集落の防御に関連した遺構

答えは下にスクロール。











吉野ヶ里 遺跡はこうして残った
文芸社
山崎 義次

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 吉野ヶ里 遺跡はこうして残った の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル









1 ウ(吉野ヶ里遺跡の最大の特徴とされるのが集落の防御に関連した遺構である。弥生時代後期には外壕と内壕の二重の環濠ができ、V字型に深く掘られた総延長約2.5キロメートルの外壕が囲んでいる範囲は約40ヘクタールにもなる。壕の内外には木柵、土塁、逆茂木(さかもぎ)といった敵の侵入を防ぐ柵が施されていた。また、見張りや威嚇のための物見櫓が環濠内に複数置かれていた。大きな外壕の中に内壕が2つあり、その中に建物がまとまって立てられている。北の集落は北内郭、南の集落は南内郭と命名されている。)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック