日本100名城クイズ・松山城

松山城(まつやまじょう)は、愛媛県松山市にあった日本の城。別名金亀城(きんきじょう)、勝山城(かつやまじょう)。現在は、城跡の主要部分が公園として整備され、大天守(現存12天守の1つ)を含む21棟の現存建造物が国の重要文化財に、城郭遺構が国の史跡に指定されている。







1 松山城を築城した加藤 嘉明の逸話は?

ア 刀のそり
イ 矢じりの大きさ
ウ 槍穂の長さ

答えは下にスクロール。










日本100名城  伊予松山城  お城 模型 ジオラマ完成品 A4
鍬匠甲冑屋オリジナル

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本100名城  伊予松山城  お城 模型 ジオラマ完成品 A4 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル












1 ウ(嘉明の家中では槍の柄は、長短いずれであっても可とされたが、槍穂の長さは4寸(約12センチ)と定められていた。つまり短すぎると、甲冑・具足を貫くことができても身体にまで届かぬことがあるため「己を慎む者に失敗は無い。何事にも馴れたつもりで功者ぶる者は必ず仕損ずる者である」と嘉明は常に言っていたという。加藤家は平素からの躾を大切にすることが、一旦急の場合でもまごつかず失敗せぬものとされていた。)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック