峠の居織

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本100名城クイズ・丸岡城

<<   作成日時 : 2017/08/11 19:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

丸岡城(まるおかじょう)は、福井県坂井市丸岡町霞にあった日本の城である。別名霞ヶ城。江戸時代には丸岡藩の藩庁であった。現在は天守のみ残る。
福井平野丸岡市街地の東に位置する小高い独立した丘陵に築かれた平山城である。近世に山麓部分が増築され、周囲に五角形の内堀が廻らされていた。安土桃山時代に建造されたと推定される天守は重要文化財に指定されている。その他、石垣が現存している。移築現存する建物として、小松市の興善寺および、あわら市の蓮正寺に、それぞれ城門、丸岡町野中山王の民家に、不明門と伝わる城門がある。ほかに土塀が現存する。五角形の内堀は現在埋め立てられているが、この内堀を復元する計画が浮上している。
「霞ヶ城」の名の由来は合戦時に大蛇が現れて霞を吹き、城を隠したという伝説による。




1 丸岡城が被害を受けた災害は?

ア 落雷
イ 地震
ウ 台風

答えは下にスクロール。







日本一短い手紙とかまぼこ板の絵の物語 第2集
中央経済社

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本一短い手紙とかまぼこ板の絵の物語 第2集 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル








1 イ(北陸地方で現存する天守は丸岡城のみである。大入母屋の上に廻り縁のある小さな望楼を載せた古式の外観から現存最古の天守とも呼ばれている。現在見られる天守は、昭和23年(1948年)の福井地震によって倒壊した後、昭和30年(1955年)に部材を組みなおして修復再建されたのである。その際、最上階の窓の造りが引き戸から突き上げ窓(蔀戸)に改変されている。)






海王星に巨大嵐が出現、サイズは地球並み

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本100名城クイズ・丸岡城 峠の居織/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる