峠の居織

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本100名城クイズ・新発田城

<<   作成日時 : 2017/08/11 10:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

新発田城(しばたじょう)は、現在の新潟県新発田市(越後国蒲原郡)にあった日本の城。別名、菖蒲城(あやめじょう)。新発田藩の藩庁が置かれていた。
城の北部を流れる加治川を外堀に利用した平城であり、本丸を中心に北の古丸と南の二の丸で囲い、その南側に三の丸を配する構造であった。本丸南側の石垣と堀、櫓門の本丸表門と二重櫓の二の丸隅櫓が現存。三階櫓や二重櫓の復元建築がある。現存建築がある城跡としては新潟県内では唯一である。また、石垣は本丸の表門側のみに前面乱積みの石垣がもちいられ、他は腰巻石垣や土居であったと考えられている。しかし寛文9(1669)年の大地震により、石垣が崩落しその復旧工事で、切込接布積に改められたとされる。


1 新発田城に現在存在するのは?

ア 大学の図書館
イ 自衛隊の駐屯地
ウ 県立の武道館

答えは下にスクロール。






戦国大戦 V1.1-上杉042)UC新発田重家
セガ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 戦国大戦 V1.1-上杉042)UC新発田重家 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






1 イ(現在も城郭跡地の大部分が陸上自衛隊の新発田駐屯地となっているため、三階櫓に行けないなど、新発田城の観光地化の支障となっている。しかしその反面、ここを訪れる観光客の中では、城と重なる駐屯地の光景を見て、「戦国自衛隊のようである」と感想を漏らす人々が非常に多い。かつては浮船城、狐の尾引き城、あやめ城と呼ばれていた新発田城であるが、近年では戦国自衛隊の城という愛称で呼ばれることが増えてきている。)



【コミケ92】今年も“夏コミケ”が開幕 注目は一般ブースに叶姉妹が降臨

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本100名城クイズ・新発田城 峠の居織/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる