峠の居織

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本100名城クイズ・甲府城

<<   作成日時 : 2017/06/08 20:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

甲府城(こうふじょう)は、山梨県甲府市にあった日本の城である。別名、舞鶴城(まいづる(ぶかく) じょう)。
甲府盆地北部、現在の甲府市中心街の一条小山に築城された中世から近世にかけての平山城である。
甲斐国では戦国期から甲府が政治的中心地となり、躑躅ヶ崎館(武田氏居館)を中心とする武田城下町が造成されたが、武田氏滅亡後に甲斐を領した徳川氏や豊臣系大名が甲斐を支配し、甲府城を築城して新たに甲府城下町が整備された。豊臣政権では徳川家康を牽制する要所、江戸時代では将軍家に最も近い親藩(甲府藩)の城となった。天守台はあるが天守が建てられていたかは不明である。江戸時代には初期の幕府直轄領時代から甲府藩時代、享保年間に再び直轄領とされた甲府勤番時代を通じて統治の拠点となる。



1 甲府城で起きた事件は?

ア 御金蔵盗難
イ 姫誘拐
ウ 城代暗殺

答えは下にスクロール。






テンヨ武田 甲府鳥もつ煮のタレ 180ml×3本
テンヨ武田

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by テンヨ武田 甲府鳥もつ煮のタレ 180ml×3本 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





1 ア(1734年(享保19年) 城内に盗賊が侵入し1400両の公金が盗難される甲府城御金蔵事件が発生する。犯人は不明で、当日に博打をしていた甲府勤番士の怠慢が指摘され17名が処罰される。1742年(寛保2年)には 高畑村の百姓次郎兵衛が捕縛され、事件は解決した。この事件は人々の間で関心を呼び、作者成立年代は不明で出版もなされていないが、フィクションを交えた勧善懲悪の物語として構成された実録小説『甲金録』となった。)




人類の起源は30万年前、定説覆す化石発見

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本100名城クイズ・甲府城 峠の居織/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる