峠の居織

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本100名城クイズ・松前城

<<   作成日時 : 2017/03/25 01:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

松前城(まつまえじょう)は、北海道渡島総合振興局管内松前町にあった日本の城(平山城)。福山城(ふくやまじょう)とも呼ばれる。
北海道内で唯一つの日本式城郭である。
戊辰戦争の最末期に旧幕府軍との戦いにおいて落城した。天守は1949年(昭和24年)6月5日に失火により焼失した。そのため、創建当時から現存する建築物は切妻造の本丸御門と本丸表御殿玄関(北海道有形文化財)および旧寺町御門(現在の阿吽寺の山門)のみである。曲輪も天守が焼失した際の火災に巻き込まれず、焼け残った古い建築物である。曲輪・石垣などもよく残り、旧城地一帯が国の史跡に指定されている。


1 松前城を落城させた旧幕府軍の統率者は?

ア 近藤勇
イ 土方歳三
ウ 沖田総司

答えは下にスクロール。



日本の城 50号 (松前城) [分冊百科]
デアゴスティーニ・ジャパン
2013-12-24

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本の城 50号 (松前城) [分冊百科] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

1 イ(幕末の築城にも関わらず、松前城は激しい攻防戦を体験している。1868年(明治元年)秋、旧幕府の榎本武揚を首領とする軍勢は、官軍の拠点である五稜郭を制圧した後、11月5日には元新選組の土方歳三が700名ほどを率いて松前城を攻撃した。松前藩兵は防戦に努めたものの、わずか数時間で落城した。
これは、旧幕府軍軍艦の艦砲射撃もさることながら、城の構えがあまりに脆いものであったためである。
大手門からの通路は曲がりくねって鉄砲の的になりやすい効果的な構えとしたが、搦手方は敵は攻めてこないものとして、直線に通路が続き鉄砲狭間も少ない防御力の低い配備としていたのである。
これを土方に衝かれた形となってしまった。現在も石垣にこのときの弾痕がいくつも残っている。)

スマホでくずし字解読 奈良文化財研究所など画像処理アプリも公開開始

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本100名城クイズ・松前城 峠の居織/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる