峠の居織

アクセスカウンタ

zoom RSS 一級水系クイズ・紀の川

<<   作成日時 : 2016/12/01 22:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

紀の川(きのかわ)は、奈良県から和歌山県へと流れ紀伊水道に注ぐ一級水系の本流。河川法上の名称は「紀の川」であるが、国土地理院の25,000分の1地形図では「の」が小さなカタカナで「紀ノ川」と記載されている。
奈良県と三重県の県境に跨がり全国的にも有数な多雨地帯として知られている大台ヶ原を源流とし、紀伊山地を北西へと流れ、高見川と合流後西へと曲がり、中央構造線の南側に沿って、竜門山地、金剛山、和泉山脈を北に見ながら西流し、和歌山市で紀伊水道に注いでいる。


1 流域の九度山町(くどやまちょう)の史跡は?

ア 武田庵
イ 伊達庵
ウ 真田庵

答えは以下反転。
1 ウ(善名称院(ぜんみょうしょういん)は、和歌山県九度山町にある高野山真言宗の寺院。真田昌幸・信繁の蟄居時代の草庵跡と伝わる場所であるが、諸説ある。和歌山県の史跡に指定。別称は真田庵(さなだあん)。牡丹の名所としても知られ、城郭風の本堂の八棟造も有名である。
寛保元年(1741年)に大安上人が、真田昌幸の庵跡と伝承のあるこの地に、地蔵菩薩を安置した一堂を創建したのが始まりである。
慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いで西軍に属して敗れた真田昌幸・信繁父子は、女人禁制の高野山(蓮華定院)に配流の身となった。しかし、妻を連れていたために九度山に移され蟄居生活を送ったとあるが、理由には諸説ある。善名称院には、その庵の址があったと伝わるが、庵は遍照寺の近くにあったという説など、諸説がある。後世、真田親子の講談が人気となり読まれ、訪れる人も増え観光化され、別称・真田庵と呼ばれるようになり、資料館なども併設、開館された。平成28年(2016年)のNHK大河ドラマ・『真田丸』の放送に合わせ、同年3月13日から翌年2月28日まで、北へ100mの地点で九度山・真田ミュージアムが開館している。)



紀ノ川 (新潮文庫 (あ-5-1))
新潮社
有吉 佐和子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 紀ノ川 (新潮文庫 (あ-5-1)) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



さらばお台場ガンダム、2017年3月5日に展示終了

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
一級水系クイズ・紀の川 峠の居織/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる