峠の居織

アクセスカウンタ

zoom RSS 料理クイズ・フランス料理

<<   作成日時 : 2015/03/16 23:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

フランス料理(フランスりょうり)は、16世紀にイタリア・トスカーナ地方の料理の影響を受け、フランス王国の宮廷料理として発達した献立の総称。ソースの体系が高度に発達していることが特徴で、各国で外交儀礼時の正餐として採用されることが多い。


1 フランスパンを日本に紹介したのは?

ア フランス人
イ イタリア人
ウ スイス人
エ ベルギー人

2 ボルドーワインの銘柄「シャトー・マルゴー」にゆかりのある著名人は?

ア トルストイ
イ ピカソ
ウ ゴッホ
エ ヘミングウェイ

答えは以下反転。
1 ウ(日本には、明治初頭に製法が伝えられた。1872年(明治5年)、築地精養軒ホテルの開業に伴い初代料理長として招かれたスイス人のカール・ヘスは、1874年(明治7年)に独立し築地にあった外国人居留地でフランスパンと清涼飲料水の店「チャリ舎」を開業する。この店は主に在留外国人が利用した。また、1888年(明治21年)には東京市小石川区関口台町にあった聖母仏語学校(カトリック関口教会の前身)に製パン部が開業する。聖母仏語学校に勤めていたカトリック教会の司祭、ジャン・ピエール・レイは、教会経営の孤児院の子どもたちに授ける職業訓練を文化的なものにしたいと願った。彼はフランスパンの製法を最適な訓練と考え、孤児の中から長尾ナ二を選び、仏領インドシナに修行に出させた。この試みは実を結び、一般にも向けた本格的なフランスパンの製造・販売を開始した。後の「関口フランスパン」(1914年(大正3年)創業)である。さらに、京都からは進々堂の続木斉が日本人最初のパン留学生として訪欧。2年余パリでパンの理論・実技を学び、帰国後の1924年(大正13年)、本場パリ仕込みのフランスパンを製造・販売した。)
2 エ(シャトー・マルゴーを愛好した人物としては、デュ・バリー夫人、共産主義思想家のフリードリヒ・エンゲルス、作家のアーネスト・ヘミングウェイなどが知られている。エンゲルスは「あなたにとっての幸せは」と聞かれ「シャトー・マルゴー1848年」と答えたという。ヘミングウェイはシャトーにしばしば滞在し、孫娘が生まれると「シャトー・マルゴーのように女性らしく魅力的に育つように」と願って「マーゴ(マルゴーの英語読み)」の名を贈ったほどであった。願いは叶い、女の子は魅力的な女性へと成長した。若くして亡くなった映画女優マーゴ・ヘミングウェイその人である。)






実在の新幹線「E5系」がロボットに完全変形する新キャラクター、さっそくプラレールになる
変形は日本の伝統芸

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
料理クイズ・フランス料理 峠の居織/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる