峠の居織

アクセスカウンタ

zoom RSS 都道府県庁所在地クイズ・奈良市

<<   作成日時 : 2015/01/07 21:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

奈良市(ならし)は、日本の奈良県の北部に位置する都市で、同県の県庁所在地である。日本政府から中核市に指定されている。奈良時代に平城京が置かれた古都であり、シルクロードの終着点として天平文化が花開いた地として知られる。

1 奈良市で実際にある大会は?

ア 燈籠数え大会
イ 大仏殿瓦積み大会
ウ 奈良漬け早食い大会
エ 鹿せんべい飛ばし大会

2 春日大社を氏神とするのは?

ア 源氏
イ 平氏
ウ 藤原氏
エ 橘氏

答えは以下反転。
1 エ(鹿せんべい飛ばし大会が1993年以来、毎年若草山の山開きの日(春分の日)に行われている。参加料は300円。大会では大会用の特製サイズのせんべいが使われ、「投げたせんべいを鹿が食べてしまった場合、その鹿の右前足までの距離を記録とする」、「計測済みのせんべいは鹿が食べるのでそのままにしておく」などのルールがある。
2008年までの大会公式最高記録は2008年度の59.0m。2008年8月の夏休み特別イベントでの臨時開催では74.55mの記録も出ている。)
2 ウ(春日大社(かすがたいしゃ)は、中臣氏(のちの藤原氏)の氏神を祀るために768年に創設された奈良県奈良市にある神社。旧称は春日神社。式内社(名神大社)、二十二社(上七社)の一社。旧社格は官幣大社で、現在は神社本庁の別表神社。神紋は「下がり藤」。
全国に約1000社ある春日神社の総本社である。武甕槌命が白鹿に乗ってきたとされることから、鹿を神使とする。ユネスコの世界遺産に「古都奈良の文化財」の1つとして登録されている。
奈良・平城京に遷都された710年(和銅3年)、藤原不比等が藤原氏の氏神である鹿島神(武甕槌命)を春日の御蓋山(みかさやま)に遷して祀り、春日神と称したのに始まる[要出典]とする説もあるが、社伝では、768年(神護景雲2年)に藤原永手が鹿島の武甕槌命、香取の経津主命と、枚岡神社に祀られていた天児屋根命・比売神を併せ、御蓋山の麓の四殿の社殿を造営したのをもって創祀としている。ただし、近年の境内の発掘調査により、神護景雲以前よりこの地で祭祀が行われていた可能性も出てきている。)



春日大社に行こう (Gakken Mook 神社紀行セレクション vol. 6)
学研パブリッシング
2013-11-09

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 春日大社に行こう (Gakken Mook 神社紀行セレクション vol. 6) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



予定外のことが多いなぁ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
都道府県庁所在地クイズ・奈良市 峠の居織/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる