峠の居織

アクセスカウンタ

zoom RSS 都道府県庁所在地クイズ・岐阜市

<<   作成日時 : 2014/12/30 23:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

岐阜市(ぎふし)は、岐阜県の中南部に位置する中核市で、同県の県庁所在地である。旧稲葉郡・山県郡・本巣郡・羽島郡。
戦国時代には金華山の麓の旧岐阜町が斎藤道三や織田信長の城下町として栄え、江戸時代には南部の旧加納町が中山道加納宿の宿場町、加納藩の城下町として栄えた。

1 岐阜市発祥の出版社は?

ア 集英社
イ 秋田書店
ウ 双葉社
エ 徳間書店

2 岐阜市で行われる「全日本学生○○選手権」。○○に入るのは?

ア 落語 
イ 漫画
ウ 書道
エ 俳句

答えは以下反転。
1 ウ(岐阜県岐阜市の米穀商の矢澤領一が「大衆娯楽の殿堂」をモットーに1948年に設立した。社名の由来は、大相撲の横綱だった双葉山[1]。 第二次世界大戦直後の出せば売れる出版ブームに乗って、編集を担当する実弟の矢澤貴一らの兄弟3人で「花形講談」を創刊。その後も大衆読物雑誌を続々と創刊し、「読切傑作集」「傑作倶楽部」「小説の泉」「大衆小説」「剣豪列伝集」など。表紙や誌名が異なっても中身と執筆陣は代わり映えせず、社長の矢澤はこれを「キャラメル戦法」と称していた。
1952年から1953年にかけて、本社を岐阜市から東京都へ移転。千代田区の神田神保町を経て、新宿区神楽坂に本社を据えた。さらに1984年に同区東五軒町に新社屋を建立して移転した。)
2 ア(全日本学生落語選手権・策伝大賞(ぜんにほんがくせいらくごせんしゅけん・さくでんたいしょう)とは、岐阜県岐阜市で行われている落語の全国大会である。策伝大賞の「策伝」は落語の祖・安楽庵策伝から。
岐阜市は安楽庵策伝の出身地であり、「岐阜市笑いと感動のまちづくり事業」の一環として「野球に甲子園があるように、落語に全国大会があっても良いじゃないか」という桂三枝(現・六代桂文枝)の提案により2004年から開催されている。
全国の落語研究会に所属する学生達によって頂点の「策伝大賞」を獲得するための落語が約1,500人の聴衆を前に披露される。予選会・決勝大会ともに観覧は無料。ただし決勝大会の観覧は事前申込みによる抽選制。予選会は開催時間中の好きな時間に行って好きな会場(部屋)で見ればよい。当日は会場の長良川国際会議場内を着物姿の出場者が多く行き交い独特な雰囲気となる。)




1/350 スタンダード城 岐阜城
童友社

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 1/350 スタンダード城 岐阜城 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



尿膜管遺残症、初めて聞きました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
都道府県庁所在地クイズ・岐阜市 峠の居織/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる