峠の居織

アクセスカウンタ

zoom RSS 手塚治虫クイズ・ビッグX

<<   作成日時 : 2013/02/05 21:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

第二次世界大戦時、無敵の軍隊を作ろうともくろむナチス・ドイツの下で、生物を鋼鉄のように強靭でしかも巨大化させる薬品「ビッグX」の開発を行っていた日本人の朝雲(あさぐも)博士とドイツ人のエンゲル博士は、「ビッグX」の軍事利用を恐れ、その秘密を守るために「ビッグX」の製法を記したカードを朝雲の息子のしげるの体内に埋込んだ。両博士は射殺されたが、20年後、朝雲博士の孫・昭は、「ビッグX」の製法を狙うエンゲル博士の孫のハンス・エンゲル率いる秘密結社ナチス同盟に対し、自ら「ビッグX」で巨大化して立ち向う…


1 「ビッグX」のアニメ化が元で誕生した制作会社は?

ア 虫プロ
イ 東京ムービー
ウ タツノコプロ
エ サンライズ

2 ビッグXの変身道具の形は?

ア シャープペン型
イ 携帯電話型
ウ サングラス型
エ ペンダント型

答えは以下反転。
1 イ(当初、ピー・プロダクションに企画が持ち込まれたが、既に制作中のテレビアニメ「0戦はやと」などで手一杯だったため、社内の反対で話が流れた。このため、TBSでテレビの人形劇を制作していた藤岡豊に、アニメの制作プロダクション設立を促し、藤岡は間借りしたTBS社屋の4階で『ビッグX』を制作した。このとき設立された東京ムービーは、『ビッグX』制作のためのプロダクションであり、会社登記も第1話放送後であった)
2 ア(原作では、主人公の朝雲昭はビッグXの薬液をシャープペンシル型の注射器で自ら打って、後に経口薬により変身。アニメ版でのビッグXはシャープペンシル型の装置から出る光線状のエネルギーで、それを昭が胸に当てて、目盛1で鋼鉄の体に、目盛2で20倍の巨体に変身するという設定である)


明日、雪は積もるのか?




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
手塚治虫クイズ・ビッグX 峠の居織/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる