峠の居織

アクセスカウンタ

zoom RSS アメリカ州クイズ・エクアドル共和国

<<   作成日時 : 2012/11/04 22:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

1 エクアドルの世界遺産「ガラパゴス諸島」へ調査に訪れたダーウィンの乗船していた船は?

ア バーグル号
イ ビーグル号
ウ ブーグル号
エ ベーグル号

2 エクアドルと関わりのある日本人は?

ア 新島襄
イ 新渡戸稲造
ウ 森鴎外
エ 野口英世

3 エクアドルが世界第4位生産の商品作物は?

ア バナナ
イ サトウキビ
ウ オレンジ
エ メロン

答えは以下反転。
1 イ(チャールズ・ダーウィンが測量船ビーグル号に乗船し進化論の着想を得ることになった航海で訪れたことは有名である。ダーウィンは航海の後半、1835年9月15日から10月20日まで滞在した。その間ビーグル号は初めて諸島の地理調査を精密に行った。当時の記録は、彼の『ビーグル号航海記』で読むことが出来る)
2 エ(1918年(大正7年) ロックフェラー財団の意向を受けて、まだワクチンのなかった黄熱病の病原体発見のため、当時、黄熱病が大流行していたエクアドルへ派遣される。当時、開通したばかりのパナマ運河周辺で、船員が黄熱病に感染する恐れがあったため、事態は急を要していた。野口に黄熱の臨床経験はなく、患者の症状がワイル病に酷似していたことから試験的にワイル病病原体培養法を適用し、9日後(日数については諸説あり)には病原体を特定することに成功しこれをレプトスピラ・イクテロイデスと命名。この結果をもとに開発された野口ワクチンにより、南米での黄熱病が収束したとされる。(ただし、1901年のウォルター・リードの研究結果との乖離から、当時より野口説に対する反論があり、特にワイル病との混同が指摘されていた。後年アフリカの研究で野口は黄熱病原がリードの主張同様濾過性であることを認めている。)この成果により、野口はエクアドル軍の名誉大佐に任命されている。さらに、3度目のノーベル医学賞の候補に名前が挙がる)
3 ア(商品作物では、世界第4位のバナナ(588万トン、世界シェア8.1%)、同7位のカカオ(14万トン、3.6%)、コーヒー(10万トン、1.3%)。世界シェアは低いもののサトウキビの生産量は566万トンに達し、単一の作物としてはバナナに次ぐ)



世界遺産 エクアドル編 [DVD]
アニプレックス
2007-07-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 世界遺産 エクアドル編 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



うっ、筋肉痛(>_<)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アメリカ州クイズ・エクアドル共和国 峠の居織/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる