峠の居織

アクセスカウンタ

zoom RSS アメリカ州クイズ・ニカラグア共和国

<<   作成日時 : 2012/11/19 23:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

1 ニカラグアの世界遺産「レオン大聖堂」の特徴は?

ア 狭く深い泉
イ 広く浅い泉
ウ 高く細い塔
エ 低く太い塔

2 ニカラグア初のボクシング世界王者「アレクシス・アルゲリョ」のあだ名は?

ア 太っちょの破壊者
イ 痩せっぽちの破壊者
ウ 童顔の破壊者
エ 老け顔の破壊者

3 中米最大の湖「ニカラグア湖」の現地での呼び名は?

ア 甘い海
イ 辛い海
ウ 酸っぱい海
エ 苦い海

答えは以下反転。
1 エ(レオン大聖堂は中米最大級の聖堂建築で、1747年から19世紀初頭にかけて建築された。設計はグアテマラ出身の建築家、ディエゴ・ホセ・デ・ポレス・エスキベルであり、1810年には塔とメインファサードが完成した。その後の1821年にニカラグアはスペインから独立、レオンはその首都となり、大聖堂はアメリカ大陸で最も古い教区の一つであるレオン教区の司教座聖堂となった。
建築様式としては、後期バロックから、新古典主義への移行期の特徴を持つ。それらはグアテマラの古都アンティグアで育まれた「アンティグア・グアテマラ・バロック様式」と呼ばれるものである。その中でもレオン大聖堂は、スペイン建築とラテンアメリカの地域的特性の融合の優れた例である。具体的な特徴としては、ニカラグアに多発する地震に対応するための低く太い塔などが挙げられる)
2 イ(アレクシス・アルゲリョ(WBA世界フェザー級、WBC世界スーパーフェザー級、WBCライト級) – ニカラグア初のボクシング世界王者。世界タイトル戦の多くをアメリカを主戦場としてリングに上がり、非常にスリムで端正な容姿から繰り出される強打で、“ニカラグアの貴公子”または“痩せっぽちの破壊者”(El Flaco Explosivo)として人気を博した)
3 ア(ニカラグア湖(スペイン語: Lago de Nicaragua)又はCocibolca湖は、ニカラグアにある淡水湖である。面積8029km2、最長径164kmで、ラテンアメリカではチチカカ湖に次いで2番目に広い湖であり、世界で10番目に大きい淡水湖である。
現地の人はこの湖をCocibolca湖又はDulce湖(「甘い海」の意味)と呼ぶ。実際、この湖は水が塩分を含んでいないことを除けば海とほとんど変わりがない。西にある太平洋からの東風によって海のように波が立つ。また、オメテペ島やSolentiname列島のような島々がある他、淡水遡上性のあるオオメジロザメ(サン・フアン川でよく見られる)も生息することがよく知られている。また、最大のオメテペ島には二つの火山がある。さらには、定期的に強力な暴風雨を発生させることでも知られている)





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アメリカ州クイズ・ニカラグア共和国 峠の居織/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる