峠の居織

アクセスカウンタ

zoom RSS ヨーロッパクイズ・ルクセンブルク大公国

<<   作成日時 : 2012/10/05 22:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

1 ルクセンブルクの世界遺産「ルクセンブルク市」の愛称は?

ア 北のアテネ
イ 北のジブラルタル
ウ 北のウィーン
エ 北のエルサレム

2 ルクセンブルクで盛んなスポーツは?

ア 体操競技
イ 自転車競技
ウ 水泳競技
エ 陸上競技

3 ルクセンブルクの標語「○ heart of Europe」。○に入るのは?

ア Red
イ White
ウ Green
エ Brown

答えは以下反転。
1 イ(フランス革命戦争ではフランス軍に2度占領される。2度目の戦闘ではフランス軍の包囲を7ヶ月間耐え忍び、難攻不落ぶりで有名になった。「北のジブラルタル」という市の愛称はこの故事に由来する。しかし、オーストリア軍は降伏、ルクセンブルクはフランスに併合される。ナポレオン戦争が終結すると、1815年のウィーン会議でルクセンブルク大公国が誕生するが、実態としてはネーデルラント連合王国の1州として統治されることになった。しかし一方でドイツ連邦に加盟することにもなり、プロイセン王国軍が進駐した)
2 イ(ツール・ド・フランス総合優勝者を過去に延べ4人輩出している。1909年に総合優勝を果たしたフランソワ・ファベールは、同レース史上初のフランス国籍選手以外の総合優勝者。ニコラ・フランツは、1927年から1928年の同レースにおいて、延べ37日間連続でマイヨ・ジョーヌを堅持し、いずれの年も総合優勝を果たした。シャルリー・ゴールは1958年に総合優勝を果たしたが、1956年にジロ・デ・イタリアでも総合優勝を果たしている。その後、雌伏のときを経て現在、キム・キルシェン並びにフランク、アンディのシュレク兄弟が、世界のロードレース界の第一人者として君臨している。
以上の実績もあり、当国で最も人気のあるスポーツだと言える)
3 ウ(高度に発達した工業と豊かな自然(特に田園風景)とが共存しており、観光業(近年ではエコツーリズム)も盛んである。その自然の豊かさから「欧州における緑の中心地(Green heart of Europe)」と称されることもあり、上海万博におけるルクセンブルク・パビリオンの標語としても採用されている)



小さな大国ルクセンブルク―美しき偉大な小国
かまくら春秋社
建部 和仁

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 小さな大国ルクセンブルク―美しき偉大な小国 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



「門を出れば 我も行人 秋の暮」 蕪村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヨーロッパクイズ・ルクセンブルク大公国 峠の居織/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる