峠の居織

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本文学クイズ・太宰 治

<<   作成日時 : 2012/10/23 17:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

1 太宰 治の出身地・青森県五所川原市のりんご品種「御所川原」の特徴は?

ア 葉の色が赤い
イ 樹皮の色が赤い
ウ 果肉の色が赤い
エ 種の色が赤い

2 太宰 治の代表作「人間失格」の表紙画を描いたのは?

ア 鳥山明
イ 小畑健
ウ 原哲夫
エ 許斐剛

3 太宰 治の墓所と一緒の作家は?

ア 夏目漱石
イ 森鴎外
ウ 芥川龍之介
エ 三島由紀夫

答えは以下反転。
1 ウ(一般にりんごの花は白だが、御所川原は紅色であり、樹皮も赤みを帯びている[2]。果実は長円錐形をなし、150g程度と小ぶりで、9月下旬に収穫される。果皮と心室の周辺部の果肉の色が赤いことが大きな特徴である。
五所川原市一ツ谷地区とエルムの街には道路の両側に1kmに渡って約200本の御所川原が植えられ、日本一のりんごの並木道となっている。平成15年、五所川原市は地場産品の活性化をはかるため、希望する農家に苗木を配布し育成したりんごを買い取って増産に努めている)
2 イ(2007年(平成19年)6月に出版された集英社文庫の新装版では、週刊少年ジャンプで連載する漫画家小畑健が表紙画を担当し、中高生を中心に話題を呼び、発売から1か月半で75,000部という近代古典文学としては異例の販売数となった。2008年(平成20年)には新潮社も同作品の新潮文庫新装版(期間限定)を発売したが、デザインは集英社のものとは正反対の、マゼンタ一色のきわめてシンプルなものだった。同年角川文庫も、太宰の同郷人である松山ケンイチをモデルに起用した特別カバー版を発売している)
3 イ(太宰は、「たち依(よ)らば大樹の陰、たとえば鴎外、森林太郎」という文を書いた。また本人の墓石は、希望したとおり、三鷹市禅林寺にある森鴎外の墓石と向き合う所(正確には斜め向かい)に立てられている。ちなみに、刻まれた「太宰治」の文字は、井伏鱒二の筆による)





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本文学クイズ・太宰 治 峠の居織/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる