峠の居織

アクセスカウンタ

zoom RSS ヨーロッパクイズ・スウェーデン王国

<<   作成日時 : 2012/09/07 21:26   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

1 スウェーデンの世界遺産「スコーグスシュルコゴーデン」。日本語に訳すと?

ア 山の祭壇
イ 崖の教会
ウ 海の墓標
エ 森の墓地

2 スウェーデン発祥の企業は?

ア スターバックスコーヒー
イ イケア
ウ ユニクロ
エ トイザラス

3 スウェーデンのデザート「オストカーカ」とは?

ア アイスクリーム
イ チーズケーキ
ウ チョコレートクッキー
エ ヨーグルト

答えは以下反転。
1 エ(スコーグスシュルコゴーデン(Skogskyrkogården,森の墓地)は、スウェーデンの首都ストックホルム郊外にある共同墓地。設計コンセプトと造形には、ナショナル・ロマンティシズムから北欧新古典主義を経て、成熟した近代建築へと到達した同国の建築潮流の変遷を反映されている。
スコーグスシュルコゴーデンは、ストックホルム南部のEnskedeを敷地として、1914年から1915年にかけて行われた新しい墓地の設計コンペ「ストックホルム南墓地国際コンペティション」の結果として生まれた。同国ではじめて火葬を前提とした葬祭場と墓地が計画されたことでも知られている(結果的には、この墓地の火葬場が完成したのは1940年であり、同国初ではない)。当時まだ無名であった若き建築家グンナール・アスプルンドとシーグルド・レヴェレンツ(英語版))の協同応募案が1等に選ばれ、2人が設計者として指名された。敷地は、松の木が生い茂った古い砂利の採石場であった。コンペの結果が発表されてから、この墓地の主要施設である森の火葬場が1940年に竣工するまで、25年間という異例の長期間にわたり設計と施工が続けられた。彼ら二人の建築家にとって事実上のメジャーデビュー作であり、特に1930年代半ば以降に森の火葬場を一人で担当することになったアスプルンドにとっては、竣工まで見届けた最後の作品となった。アスプルンドにとってこの墓地はだれもが認める彼の代表作であり、建築家としての生涯をこの作品に捧げた。アスプルンドの死後はレヴェレンツがランドスケープの設計を引き継いだが、彼らの死後も墓地の工事は現在まで断続的に続けられている。
1994年に、ユネスコの世界遺産に登録された。20世紀以降の建築作品としては、世界で最も早い登録であった。Tallum Pavilionでは、墓地に関する展示が見られるほか、これを手がけた2人の建築家についての展示を見ることができる)
2 イ(イケア(IKEA)は、スウェーデン発祥で、ヨーロッパ・北米・アジア・オセアニアなど世界に出店している世界最大の家具販売店。
IKEAの由来は、創業者イングヴァル・カンプラード (Ingvar.Kamprad) のイニシャルに、彼が育ったElmtaryd農場とAgunnaryd町の頭文字をつなげ合わせたものである。日本語、スウェーデン語、ドイツ語などでは「イケア」と発音されるが、英語では「アイキア」と発音される)
3 イ(オストカーカ(スウェーデン語:Ostkaka、"ost"はチーズ、"kaka"はケーキの意)は、スウェーデンのヘルシングランド地方とスモーランド地方という2つの異なる地方に起源をもつデザートである。ほのかなビターアーモンドの味を持ち、通常温めてジャムやホイップクリームを添えるか生暖かい状態で果物やアイスクリームを添えて食べられる。ヘルシングランド地方のオストカーカとスモーランド地方のオストカーカの間には幾らか違いがある)






一雨一雨、秋を運ぶ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヨーロッパクイズ・スウェーデン王国 峠の居織/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる