峠の居織

アクセスカウンタ

zoom RSS 旧国名クイズ・美濃国

<<   作成日時 : 2012/06/26 22:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

領域はおおむね現在の岐阜県の南部。


1 美濃国の国府のあった岐阜県垂井町に陣屋を構えたのは?
ア 山中鹿之助の子孫
イ 黒田如水の子孫
ウ 竹中半兵衛の子孫
エ 山本勘助の子孫

2 美濃国の一宮・南宮大社(なんぐうたいしゃ)の別名は?
ア 桜大社
イ 菊大社
ウ 椿大社
エ 楓大社

3 美濃国の特産品は?
ア 竹器
イ 漆器
ウ 陶磁器
エ 銀食器

答えは以下反転。
1 ウ(竹中氏陣屋(たけなかしじんや)は、岐阜県不破郡垂井町(美濃国不破郡岩手)にあった江戸時代の陣屋。安土桃山時代には岩手城と呼ばれていたが、江戸時代に竹中氏が旗本身分に留まったため城は陣屋と呼ばれるようになった。別名、竹中陣屋、岩手陣屋。
羽柴秀吉(豊臣秀吉)の軍師(参謀)であった竹中重治(半兵衛)の子である竹中重門が築いたものであるが、敷地を囲む大規模な堀(水堀等)と石垣などがあり、世に言う陣屋というものより小型の城と言ったほうが正しい。
元々、竹中氏の居城は堅固な山城である菩提山城(岩手山城)であったが、平時には不便なことから、麓に岩手城を築いたという)
2 ウ(「国府の南に位置する宮」の意味で「南宮」を名乗るようになった。敷地内には椿の森もあり、別名「椿大社」とも呼ばれる。
江戸時代の神社建築の代表的な遺構18棟が国の重要文化財に指定されている)
3 ウ(美濃焼(みのやき、Mino Yaki - Mino Ceramic Ware)とは、岐阜県土岐市、多治見市、瑞浪市、可児市を産地とする陶器である。
1978年(昭和53年)7月22日に、通商産業省(現経済産業省)伝統的工芸品に認定されている。
美濃焼は国内陶磁器シェア半分以上であり、中でも岐阜県土岐市が陶磁器生産日本一を誇る)






重い頭で 梅雨過ごす

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
旧国名クイズ・美濃国 峠の居織/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる