峠の居織

アクセスカウンタ

zoom RSS 旧国名クイズ・伊豆国

<<   作成日時 : 2012/06/17 23:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

領域は現在の静岡県の伊豆半島・東京都の伊豆諸島にあたる。


1 伊豆国の国府のあった静岡県三島市にあるのは?
ア 十貫樋
イ 百貫樋
ウ 千貫樋
エ 万貫樋

2 伊豆国の一宮・三嶋大社がかつて配布していたのは?
ア 日本地図
イ 時計
ウ 暦
エ 料理本

3 伊豆国の七不思議のひとつは?
ア わらい石
イ なげき石
ウ さけび石
エ こだま石

答えは以下反転。
1 ウ(その昔、農業用水を引く為に伊豆と駿河の境を田畑より低い地を流れる境川の上に架けられた樋で、全長42.7m、幅1.9m、深さ0.45mで、地上より4.2mの高さを流れる。 稲作シーズンが終わると、三島市加屋町内に設置された水門により水が堰き止められ、水は流れない。
創設時期については諸説であるが、天文24年(1555年)今川、武田、北条の三家の和睦(甲相駿三国同盟)が成立したとき北条氏康から今川氏真に聟引出物として楽寿園の小浜池から長堤(蓮沼川)を築き、その水を駿河に疎通させたというのが一般に言われている。 この疏水により、駿河側である現在の駿東郡清水町の新宿、玉川、伏見、八幡、長沢、柿田の田畑約130haが多大な恩恵を受けるに至ったとのこと)
2 ウ(三島暦(みしまごよみ)とは、応仁・文明(室町時代)頃から1872年(明治5年)まで伊豆の有力者である河合家が作成して、三嶋大社より一般に頒布された暦である。仮名暦(仮名書きの暦、漢字書きの暦が本格派で男性の読むものとされた時代、女性・子供向けのものとして造られたもの。)であり、主に伊豆国・相模国の2カ国で流通した。尚、三島暦は、仮名文字で印刷された暦としては、日本最古と言われている)
3 エ(函南のこだま石(かんなみのこだまいし)とは、伊豆七不思議のひとつで、静岡県田方郡函南町平井の山中にある大きな岩にまつわる、江戸時代から伝わる伝説である。
昔、平井の村に、おらくという母親が息子の与一と二人で暮らしていた。夫は戦に駆り出されて行方知れずで大変貧しい暮らしであったが、あるとき村のお寺の和尚の勧めで、峠を越えた熱海の湯治場へ商いに出かけるようになった。峠道の途中に休むのに格好の大きな岩があり、二人はよく一休みしては語らうのだった。 母子の暮らしがようやく楽になりかけた頃、おらくは病を得て帰らぬ人となってしまった。与一は悲しみのあまり、母と共に語らった大岩に向かい、声をかぎりに母を呼び続けたところ、岩の底から「与一よー、与一よー」と懐かしい母の声がこだましてきたという。来る日も来る日も懐かしい母の声を聞きに行く与一に村人は心を打たれ、この岩を「こだま石」と呼ぶようになったという)



伊豆 (旅・王・国)
昭文社

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 伊豆 (旅・王・国) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



七森中歌合戦、昼の部観てきたよ♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
旧国名クイズ・伊豆国 峠の居織/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる