峠の居織

アクセスカウンタ

zoom RSS 旧国名クイズ・駿河国

<<   作成日時 : 2012/06/16 14:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

領域は現在の静岡県中部と北東部(大井川以東)にあたる。


1 駿河国の国府のあった静岡県静岡市が栽培の始まりのものは?
ア ワサビ
イ アシタバ
ウ イチゴ
エ レンコン

2 駿河国の一宮・富士山本宮浅間大社(ふじさんほんぐうせんげんたいしゃ)の特別天然記念物は?
ア 岩
イ 池
ウ 桜
エ 墓

3 駿河国で日本武尊にちなむ地名は?
ア 焼津
イ 清水
ウ 沼津
エ 三島

答えは以下反転。
1 ア(室町時代、すでに現代と同じ薬味としての利用が確立されていた。さらに江戸時代に入ると寿司、蕎麦の普及とあわせ、広く一般に普及・浸透していった。古くは自生のものを採取、利用していたが、江戸時代に現在の静岡市葵区有東木(うとうぎ)地区に住む村人が、野生のわさびを栽培したのが栽培普及の初端と伝えられる。
有東木のワサビは、駿府城で大御所政治を執っていた徳川家康に献じられ、その味が絶賛されたこと、またワサビの葉が徳川家家紋の「葵」に通じることから幕府の庇護を受けることとなった。一方で門外不出の扱いとなり、その栽培技術を他地区に広げることは禁じられた)
2 イ(湧玉池(わくたまいけ)は静岡県富士宮市にある湧泉である。国の特別天然記念物に指定されている(1952年(昭和27年)指定)。富士山本宮浅間大社の境内に位置する。平成の名水百選の1つでもある)
3 ア(日本神話で、日本武尊(ヤマトタケル)が東征の途中で地元の賊衆に襲われた時、草薙剣で葦を薙ぎ倒し、そこで賊衆を迎えうち、火を放って難を逃れた。その様相が烈火のように見えた、あるいはその火で葦が焼け燃え盛ったという伝承から、「焼津」と命名された)



駿河湾おさかな図鑑
静岡新聞社

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 駿河湾おさかな図鑑 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



雨、雨、重い

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
旧国名クイズ・駿河国 峠の居織/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる