峠の居織

アクセスカウンタ

zoom RSS 国民栄誉賞クイズ・吉田正(1998年)

<<   作成日時 : 2012/05/29 23:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

吉田 正(よしだ ただし、1921年1月20日 - 1998年6月10日)は国民歌謡作曲家。

1 吉田正作曲の「有楽町で逢いましょう」をコマーシャルソングとしていたのは?
ア 三越
イ 西武
ウ 東急
エ そごう

2 吉田正が作曲した主題歌の時代劇は?
ア 座頭市
イ 江戸を斬る
ウ 水戸黄門
エ 子連れ狼

3 出身地の茨城県日立市の日本最古は?
ア 港
イ 地層
ウ 火山
エ 湖

答えは以下反転。
1 エ(この楽曲の作成の経緯は、そごう(本社/大阪府大阪市南区。南区は現在の中央区)の東京への進出の際に、出店地候補の一つとして有楽町を検討していた事から始まる。
1950年代前半当時の有楽町は闇市の面影もあり、現在ほど活気が無かったものの、人通りは徐々に増え続けていた事もあり、有楽町も出店候補先に挙げられていた。
そごう社内での検討の結果、有楽町駅付近への出店が正式に決定したものの、有楽町の更なる活性化を目的に、1957年5月予定の「有楽町そごう」[2]開店(2000年9月24日閉店)に際し、当時そごうの宣伝部長であった豊原英典以下宣伝部により「有楽町高級化キャンペーン」を企画した。豊原は企画段階でアメリカ合衆国の映画「ラスベガスで逢いましょう」からタイトルを拝借して「有楽町で逢いましょう」とのキャッチフレーズを提案し、それを採用する事になった)
2 エ(「子連れ狼」(こづれおおかみ)は1971年の12月に発売された橋幸夫のシングルである。橋幸夫にとって1969年の「京都・神戸・銀座」以来2度目のオリコンBEST10入りとなった。
ドラマにおいて、当初はイントロ部分の、橋幸夫の「小高い丘の〜」のせりふの前に、一刀が大五郎に生きて刺客道という地獄道を進むか、死んで母の薊のいるあの世へ行くかを選択させる場面が3分ほど、橋幸夫のナレーションで入っており、これでは長すぎるとテレビ局制作サイドからのクレームがつき、現在よく知られているバージョンに改められたという経緯がある)
3 イ(市内の多賀山地の各所に露頭する日立変成岩は5億年以上前のカンブリア紀のもので,日本最古の地層とされる。このことからこの地域が,昔ゴンドワナ大陸の東にあった火山島で,日本列島の始まりの地ではないかとも考えられている)



吉田正自撰77曲(上)
ビクターエンタテインメント
1998-07-24
オムニバス

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 吉田正自撰77曲(上) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
国民栄誉賞クイズ・吉田正(1998年) 峠の居織/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる