峠の居織

アクセスカウンタ

zoom RSS 国民栄誉賞クイズ・古賀政男(1978年)

<<   作成日時 : 2012/05/18 06:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

古賀 政男(こが まさお、1904年11月18日 - 1978年7月25日)は、昭和期の代表的作曲家であり、ギタリスト。

1 古賀政男が作曲したのは?
ア 東京タワー音頭
イ 東京大学音頭
ウ 東京五輪音頭
エ 東京駅音頭

2 古賀政男が卒業した大学は?
ア 早稲田大学
イ 慶應義塾大学
ウ 東京大学
エ 明治大学

3 出身地の福岡県大川市の生産高日本一は?
ア 家具
イ 文具
ウ 寝具
エ 玩具

答えは以下反転。
1 ウ(オリンピックデーの1963年6月23日に楽曲が発表された。
今では元々三波春夫の持ち歌だったと思っている人も多いが、楽曲発表の際に歌唱したのは三橋美智也であり、作曲者の古賀自身も三橋が歌うことを想定して作曲したという。
作曲者の古賀政男はコロムビア専属であったが、この曲に限って録音権を各レコード会社に開放していた。レコードは三波春夫(テイチク)、橋幸夫(ビクター)、三橋美智也(キング)、坂本九(東芝)、北島三郎・畠山みどり(コロムビア)、大木伸夫・司富子(ポリドール)などの競作で発売されたが、最も売れたのは三波盤で、1964年末までに130万枚を売り上げた。三波サイドが東京オリンピックの年のNHK紅白歌合戦のトリを狙う目的で集中的にプロモーションを行ったことが三波盤のヒットに繋がったという。各社競作で発売されたレコードの累計売上は300万枚に達した)
2 エ(京城善隣商業学校を出て大阪の商店に勤めたのち、1923年(大正12年)に東京の駿河台にある明治大学に入学し、明治大学マンドリン倶楽部の創設に参画した。当時の明大マンドリン倶楽部は、ボッタキアーリ、ラウダス、バッチなどのマンドリンの大曲が演奏されていたが、古賀も「幻想的狂想曲」(ロマーノ)の難曲を独奏するなどの活動が見られている)
3 ア(2012年(平成24年)の現在も家具の生産高日本一を維持している。大川市とその近隣(福岡県柳川市、大木町など)地域に家具関連の企業が密集している。輸入家具に頼らざるを得ない状況にあるが、市内を見渡すと必ず家具関連の施設が目に入るほどで、特に大川家具工業団地と呼ばれる企業の密集地帯は大川市を代表する企業の倉庫や工場がずらりと並んでいる。大川市だけでなく、隣接地域にも家具関連の企業が非常に多いが、住宅様式の変化による据付け家具の増加、低価格な外国産の家具の登場、少子化による学習机の需要の減少、結婚の様式の変化に伴う婚礼家具などの需要が低下した現在、市内や周辺木工所などでは、廃業や倒産の連鎖が問題となっている。そこで、産官学連携などを行って、インテリア産業の復興を模索している)



永遠・不滅の古賀政男全曲集
コロムビアミュージックエンタテインメント
1996-01-20
オムニバス

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 永遠・不滅の古賀政男全曲集 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



昨夜はすごい嵐だった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
国民栄誉賞クイズ・古賀政男(1978年) 峠の居織/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる